ETCカード

クレジットカード新規加入特典


(2014年5月29日 06:01)

クレジットカードって新規加入をすると加クレジットカード入特典としてけっこう高額なポイントを付けてくれますよね。 先日新しくリクルートカードプラスに申し込んだので、じゃらんポイントが8000円分付きました。 この特典は有効期限が2ヶ月ほどしかないので、安い宿を予約して旅行することにしました。 主人と二人で行きたいのですが、良い旅館はポイントだけでは足りません。 しかし、1人5000円ほどの民宿があったので申し込みました。 足りない分の2000円を払うだけで、二人が泊まれて美味しい海の幸も食べられるのです。 これ、ポイント特典だけ利用してすぐに解約する人がいるんじゃないかと心配になるくらいお得な特典だと思いましたね。 もちろん私は解約しませんが、本当にカードって上手に利用すれば得だと思いました。

カードのポイントって

カードのポイントって貯まるのに結構時間がかかるけど、地道に貯めればいろいろな商品があってかなりお得。 お得にポイントをためるにはまず使うカードを一本化して、生活用品から水道光熱費など全ての支払いをカードにする。 もちろんカードは年会費無料のもので支払いは一括にするなどカードにかかる経費はゼロにしたい。 買い物をする店舗によってはポイントアップしたり、キャンペーンでプラスポイントが付いたりするものもあるので毎月の明細やHPで情報を細かくチェックしていく。 そんな感じで貯めたポイントでもらったものは、ホテルの宿泊とホームベーカリー。景品だからといって安っぽいとか言うことはなくホームベーカリーは某有名メーカーのものでちゃんと保証書もついていました。

クレジットカードはつい使いすぎる


(2014年5月26日 08:37)

クレジットカードはつい使いすぎるというイメージがあると思いますが私の場合は決してそんなことはありません。財布に入っている額しか基本的にクレジットカードを使わないことにしています。つまり借金をするクレジットカードの使い方ではなく、現金の替わりに払うという使い方でクレジットカードを使います。クレジットカードを使うとレジで現金を払うように、財布の現金をすぐクレジットカードの支払い口座に振り込みます。そうすることで引き落としの日など心配することはありません。すぐに振り込めないときはとにかく使った分の現金をわけて決して使わないようにしています。財布の中でも分けてしまいます。クレジットカードのレシートや明細でその分の札を挟んでしまって、これはもう使えないお金だと分かるようにしています。

結婚を機に作った初めてのクレジットカード

結婚を機に20代後半にして始めてクレジットカードを作りました。今まではクレジットカードって 現金を出さないので、ついつい使いすぎてしまうのでないかと作ることに、ためらいがありました。 ですが、結婚してから家計簿を付ける様になり毎月計算し銀行へ引出しに行く行為が 数年たって煩わしくなりました。決まった日に銀行へ行けないという日がでてきたからです。 いざ、買い物をしようとしても、銀行に行く暇がなく財布に現金が入ってない!という時が何度かありました。 そんな時クレジットカードがあればいいのになぁっと思い主人に相談し承諾を得たので作ることにしました。 始めはどこの会社が良いのかよく解らず、何社か作りましたが、今では少しだけ要領を得て よく行くドラッグストアーやスーパーなどでも使えるクレジットカードに落ち着きました。 よく行くスーパーで毎回使ってると意外とポイントが早くたまり3000円や5000円の 商品券とポイントを交換しています。商品券に換えた時は普段高くて買えないような物を買うのが唯一の喜びです。

私は複数枚のクレジットカードを利用


(2014年5月24日 12:38)

私は複数枚のクレジットカードを利用していますが、毎月利用できる金額を制限するようにしています。使い過ぎに気を付けて、支払いが辛い状況になるのだけは避けるようにしています。一番大切なのは、買い物をした時の金額を知っておくことです 私の管理法としては、利用した金額をエクセルに記載し、常にカードの利用額を把握しておくことです。カードの明細は後から見ることもできますが、繁栄の遅いカードも沢山あるので、こうした方法を取った方がしっかりと管理出来るのです 利用している金額を把握することで、今月はどれだけ使えるのかを知ることができます。その金額の目安以下しか使わないように心がけ、使い過ぎの帽子を図っています。これなら誰でも出来ると思いますよ

カードの支払明細をみて

我が家も以前は、あまり考えずに買い物をしていて、カードの支払明細をみて青ざめる・・という状況でした。 しかし、今年から家計簿をつけはじめました。 カード払いは、使ったお金がその場ではなく翌月、翌々月引き落とされる仕組みになっています。 そうすると、自分自身の貯金が今いくらあるのかいくら使ったのかが分かりづらくなってしまうと思います。 そのため、カード、現金に関わらずその日使った分は、全てその日のうちに家計簿に記載するようにしました。 そうすると、カードの明細が来ても「ああ、これは今月引き落とされるのね」と慌てることもなくなりました。 そして、自分の使った額が家計簿を付けると目に見えてわかるので、自然と無駄遣いをへらすことができるようになりました。

クレジットカード、ETCカードの管理


(2014年5月19日 08:31)

私がクレジットカード、ETCカードの管理において行っているのは、クレジットカード、ETCカードを使った際にすぐメモをすることです。これは非常に簡単な方法なのですが、効果は高いです。これは使った際にすぐメモをすることで忘れることを防げます。これが後からとなってしまうと、忘れてしまう可能性があります。 メモした際は、それ1週間に一度くらいのペースできちんと整理を行います。そしてそれをまとめまして、保存するのです。こうしておけば、引き落としとなる金額については、間違えることがないので、引き落とし日にお金が足りないという事態は避けることができます。 この方法において重要なのは、メモを忘れずに行い、それをまとめることなので、習慣付けることが大切です。

無駄使いをなくす方法

会社の先輩に、カードを使いすぎてしまう事を相談したら教えて貰った方法。 まずカードの枚数を減らす。 使わないカードを何枚も持っていると管理がずさんになるから。 当たり前の事だけど、家計簿をつける。 スマホのアプリを使っても良いが、面倒くさすぎると続かないし、簡単すぎると「お金を使ってしまった」という 反省がなくなるので、私はエクセルでつけています。 月に使用して良い金額を10万と設定し、使用した金額を入力して行き、現在いくら使ったか、 あといくら使ってよいかを把握しています。 ついでに今月の給料や現金の出入金も控えています。 また、10万と設定したら、カード専用の口座に13万を残して、別の口座にお金を移してしまいます。 3万~5万は予備に預けておきます。 もし使いすぎれば支払いが滞りカードが使えなくなってしまうのでよい方法だと言われ、 無駄使いが減りました。

ETCカード利用明細も一冊のノートで管理


(2014年5月14日 05:15)

私は、クレジットカードの管理は一冊のノートに購入年月日、店名、商品名、金額、支払回数、 誰のカードを使用か、などを記入しています。(家族がカードを使用した場合も、申告して貰い記入します。) もちろんETCカード利用明細も一冊のノートで管理。 1ヶ月に引き落としになる合計金額は、ほぼ変わらないので 「あといくらなら、クレジットカードを使えるのか」の 目安になります。とくにちゃんとこまめに記載しないとETCカード使用料はわかんなくなります。 月末の欄は少し空欄にしておき、合計金額を出しておき、 請求書が着いたら比較します。 忘れていて、少しくらい数字のずれがあっても気にしません。 良く利用するスーパーのクレジットカードを作ってあるので、 食費・雑費は口座引き落としにしています。 現金で買えるようなものでも5,000円以上はカードで買ったりも します。ポイントが貯まると商品券が戴けるので有難いからです。 電化製品購入の際などにそのノートに記載をしておけば、 昔を振り返る事にも使えるので大変重宝します。 以前は付き合いで仕方なく作ったクレジットカードがありましたが、 一切処分しました。ETCカードも1枚だけにしました。 本当に必要なクレジットカードに絞って生活し、 記入を忘れないのが、大事なポイントだと思います。

クレジットカードを使い過ぎない工夫

クレジットカードは現金を持ち歩く必要がない便利なアイテムですが、当然ながらタイムラグを持って口座から引き落とされるものです。 私は、クレジットの利用の際には、決して分割支払いをせずに、1回払いとして管理を容易に、かつ使いすぎ防止に努めています。 更に、使いすぎ防止の工夫もしています。それは、給与や年金の振り込み口座と、クレジットの決済口座を別にし、月末には給与や年金の振り込み口座から、クレジット決済口座に使用分を移す方法です。 これなら、利用した分を現金移動で意識でき、生活費などを引き出す口座の残金が減り、それに見合った節約なども可能です。 もちろん、カード決済口座にうっかり現金を移す事を忘れる場合もあるため、この口座にも常に10万円ほどの予備を入金して置き、引き落としができない状況が生じないようにもしています。
<<前のページへ 1|2|34567891011 次のページへ>>