ETCカード

選んだカードはリクルートカードプラス


私がクレジットカードを作るときに選んだカードはリクルートカードプラスです。 こちらはポイント還元率が2%と業界トップクラスで高いのですが、この2%というのは他のカードでもあるのです。 楽天カードも通常1%還元ですが条件によっては3%まで還元率が上がりますし、漢方スタイルクラブカードも1.75~2%前後のポイントが付きます。 誕生月限定でポイント還元率が2%以上になるカードもあるようです。 どのカードにしようか最初は迷いました。 しかし良くしらべてみると、ポイントの付き方に違いがあります。 最終候補に残ったリクルートカードプラスと漢方スタイルクラブカードですが、リクルートカードプラスは100円につき2ポイントなのに対し、漢方スタイルクラブカードは2000円で7ポイント付きます。 ということは、1900円の買い物をした場合、漢方スタイルクラブカードの方ではポイントが付かないことになるのです。 なので、私はリクルートカードプラスを選びました。

クレジットカードで高価なお買い物

クレジットカードの便利なところは、一つの商品の代金を数回に渡って支払いができる「分割払い」ができる所です。どうしても今すぐに欲しいものがあるけど、値段が高すぎて一括では払えない。そんな時こそクレジットカードの「分割払い」です。 分割払いは一括払いと比べて若干の手数料がかかりますが、一括で支払える程のお金が無くても 月々に払える程度の額を数か月かけて支払えるので高価な物を購入しても安心です。 分割払いの回数は商品を購入したお店や、クレジットカードを取扱うカード会社によって様々ですが、カード会社に相談することで希望する回数に設定できるかもしれません。また、最近は月々に支払う額を自分のペースで支払える「リボ払い」があるので、収入が不安定な方でも安心して支払いを済ませることもできます。 私はクレジットカードを手に入れる前は、高価だけど欲しいものがあったら すぐには買わずにお金をコツコツ貯金してから購入していましたが、クレジットカードを購入してからは後で代金を支払えるので欲しい物をすぐに購入できるようになりました。 クレジットカードは欲しい物がすぐに購入できる便利なカードです。しかし、当然の事ながら 購入に使った代金はちゃんと銀行口座などに入れておかないと後で大変なことになります。クレジットカードで高価な買い物をしたら、その代金を何回に分けてでも ちゃんと支払うのはこの世の鉄則です。くれぐれも「クレジットカードは 好きなだけ物が買えるカード」であると考えないでください。